いちごもちの就職転職ブログ

就職・転職を中心に発信。履歴書の書き方とか、面接の受け方とか経験から得たことを書いています。

仕事が覚えられないときに実践してみて欲しいこと2選

 これから新社会人として会社に勤めるという方、または、未経験からの業界入りをして数日が経過した方、初めての転職で業界は同じでも新しい会社に入るとまた勝手の違いに困惑してしまった方。

 「仕事を覚えられるかな……」 「仕事が覚えられないな……」

 私が初めて入社した会社で失敗して学んだこと、それを活かして次からの職場での仕事の覚え方を定着させたので、いちごもち式ですが、「こうして仕事を覚えていきましょう」という方法を紹介します。

 かなり単純で、決して難しいことはありません。方法は大きく2つです。

 

 教えてもらって覚えられないならば必ずメモをする
 メモを見返しても分からない点について質問をする  

 以上です。  

 

教えてもらって覚えられないならば必ずメモをする

 新入社員のとき、あるいは業界未経験の場合は、右も左も分からないはず。指示されても、指示の内容が分かりません。

 私が新卒で入社したIT会社では、未経験でも文系でも大丈夫と言われて入って二週間目、ビジネスマナー・word・Excel習った状態で、研修の名目で現場入りしました。  そこで突然ROM渡されてセットアップしてと言われ、IT初心者「なにそれ」目が点状態で上司に聞いたら、「聞くな!」と言われたので見よう見まねでやっていたのを覚えています(教えてくれるって言ったじゃんよ……)。

 ざっくり、現場はこんな感じです。

 

 例えばホテルに入社したときには、「この部屋、お客様が予定より早く到着したからべーカントか見てきて」……専門用語なにそれ。

 調剤薬局事務では「そろそろ時期だから返戻やっておこうか」……さっぱりです。

 

 座学でやり方を教えてもらってからテストに臨む、これが一般的に学生の頃のやり方だと思うのですが、いざ会社に入ってみると、実践からの学び、ということを痛感します。

 だから、一度やったこと(教えてもらえたこと)については必ずメモをしておくこと。

 新しいこと、分からないことは、その場で覚えようとしても難しいです。その場は教えてもらって凌げても、また同じ仕事を任されたときこうなります。

 「あの時やったことがあるんだけど、どうやったっけ……?」

 

メモを見返しても分からない点について質問をする

   また、メモを見返しても「あの時の自分が何を書いているのか分からない……」ということがありえます(私もあります(;´・ω・))。

 こういう状態に陥ったら、腹括って教えてもらうか、ググるかしかありません。

 ググって解決すればいいのですが、そうでない場合は教えてもらうことになります。

 

・「覚えていないので、また教えて頂けますか」

・「メモを見ながらやってみたのですが、はじめて一人でやったので念のために確認お願いします」または、「メモを見ながらこうやってみたのですが、この点がどうしても分かりません。教えて頂けますか」

 

 客観的に見て、どちらの質問の方が受け入れやすいでしょう。私の経験からして、圧倒的に後者の方が教えてもらうことができました。

 それに、日頃から教えてもらっている証拠とでも言わんばかりにメモをとっていれば、「この子が聞いてくるのは初めてのことか、本当に分からないことなんだ」と思って教えてくれる側もそうやたらと文句は言いません。どの職場でも、メモを取っていて関心されることはあれど、怒られたことはありませんから。

 

まとめ
 
 教えてもらって覚えられないならば必ずメモをする  
 メモを見返しても分からない点について質問をする  

 

 これを意識して仕事をすることで、覚えることが苦手でも、自分のメモがあれば作業ができます。そうして、何度も何度も作業を繰り返すうちに覚えることができます。

 本当はマニュアルがあるとありがたいのですが、全ての企業に規則はあってもどこまでマニュアル化されているかは分かりません。

 マニュアル外のケースが現場で起ったり、新しいことを習ったら書き留めて、また同じことがあれば引き出せればベスト。

 こうして、経験値として少しずつでも自分の中に蓄積されていくので、半年以上いれば不思議となんとなくこなせるようになり、一年いれば大体わかるようになっているので、大丈夫です。

 

 それに、脅すようなこといいましたが、中には四苦八苦していると救済してくださる方がどの職場にもいたので、大丈夫まだ世界は優しいです。

 大切なのは、誠実さと根気。もし、質問、疑問等ありましたら、気軽にコメントを頂ければと思います*